Asako Setoh

Pleasure of detail.

My goal is creating a piece of finest structure with my best ability of sights and fingers. This effort is limitless and endless. Currently, my major tool is a fine drawing with ink.

Placing thin and short lines one after the other, I feel like sink into this work deeply, start to see a fine and ordered scenery; and then, my body loses flexibility and become more and more stoic. Repeated movement encourages my mind but, at the same time, restricts movement of my body further and further; and I feel like I am wearing a corset.

Then, the structure produced through this repetitive and endless efforts calls patterns on ancient textile, pottery, and architectures to our minds. Gradually, the works start to look like repetitive structures of cells seen in animal skins and tissues.

The entire structure produced with enomous number of fine parts loses borders, expands, and starts to creating a series of stories endlessly. It is my great pleasure if my experiences can create a new story inside you through your own sights and feelings.

Asako Setoh

微の快楽。

 私の目的は、自分の視界と、指先の能力で、どこまでも微細なパーツを生み出すことです。どこまでいっても完成することはありませんが、同時にいつまでも生 み出すことのできる限界の無い旅です。
 現在は、主に極細のペンとインクを使用した、ドローイングを自身のメインワークとして取り組んでいます。

 細く短い線を連続的に、小さく活かし、規則的に連ね、この行為に没頭すればするほど、見える景色は、より稠密(ちゅうみつ)に、そして身体的にもストイックになってきます。反復する行為に 貪欲に突き動かされるのとは真逆に、より正確に、小さく描くために、身体の動きは極力制限され、コルセットを身にまとっているようです。

 また、この、ずっと完成することの無いまま、紡ぎ出される繰り返しの構造は、古く織物、陶器、そして建築の文様に通じます。 そして、次第に、ごく小さいオブジェクトを単純に繰り返し、凝集させたドローイングは、生物の皮膚や、臓器に見られる細胞の繰り返し 構造に似てきます。

 微細なかたちが織りなす全体像は、とどまる所を知らず、まるで永遠に紡いで ゆける物語のようでもあります。私自身のこれらの経験が、観客の方々それぞれの視界の個性の元で、あたらしい物語を生み出すこととなれば、この上ないよろこびです。



勢藤 明紗子.